BuzzGraph™ 自然言語処理
BuzzGraph™の今後の研究開発
自然言語処理アルゴリズムを搭載したBuzzGraph™は、従来の日本語自然言語処理における以下の諸問題の解決のための研究開発を行います。
日本語独特の文章レベルのゆらぎ・ルーズな文法の問題
日本語は名詞・動詞・助動詞などが多様な順序で出現します。「日本語独特の文章レベルのゆらぎ」や「ルーズな文法」で書かれた文章は、従来の日本語自然言語処理技術では正確に解析することが困難でした。
自然言語処理のアルゴリズムにおいて、文中の名詞ではなく文のフレーム(枠)構造を形作る語に着目、どの文節が「主・副・動作状態・修飾など」どこの要素に属しているのかを判断することで、ゆらぎやルーズな文法を含んだ文を解析するというアイデアの研究開発を行っています。
利用方法
ブログやチャットなどの口語調の自然文テキスト解析に幅広く利用できます。
BuzzGraph™が目指すのは
知識データを管理するシステムです
グラフ構造を意識して命名された技術のこれから
BuzzGraph™の名前はグラフ構造と言う脳の神経系に似た構造を意識して命名されたもので、具体的には知識の連関とその繋がりの強さ、そして、知識と知識をつなぐファンクションを同時にデータベース化し、高速に自在に知識データを操作しようというものです。構文解析、意味解析の精度アップにも応用できます。そして、その究極の目標は言語や知識を自動生成・自動操作するシステムを開発することです。
連鎖ニューロンストリング構造
お問い合せ
BuzzGraph™自然言語解析アルゴリズムご興味のある方は、下記までお気軽にお問合せ下さい。
お問い合せ先:support@buzzgraph.net